広報のこれからの働き方とは?次世代PRカンファレンス

Description
企業の広報部門を取り巻く環境は、ここ数年で劇的に変化しています。ソーシャルメディアはもちろん、バーティカルメディアなど新しいメディアが急速に生まれ広がり、生活者の情報入手経路は大きく変化しています。また「働き方改革」により旧来の仕事の方法を大きく見直す必要に迫られていること、終身雇用制度が崩壊し誰もが「個のキャリア」を切り開かねばならないことから、PRパーソン一人ひとりが中長期的な「働き方」を考える時代に突入しています。

そんな様々な変化を受けて、広報パーソンもメディアとの関わり方や自身の働き方について改めて考える必要があります。こうしたなかで、次世代の広報の働き方を考える機会として、様々な側面から「広報の働き方」を考えるカンファレンスを開催します。

<スケジュール・登壇者>

■16:00-16:05 オープニング

■16:05-16:45 2030年のPRってどうなるの?
         -2000年代のPR会社代表2人が語る、これまでの10年、これからの10年
【登壇者】
・株式会社本田事務所 代表取締役/ブルーカレント シニアストラテジスト:本田哲也 氏

・ビルコム株式会社 代表取締役:太田滋
ともに2000年代にPR会社を創業した2人のPR会社代表による対談が実現。さまざまなクライアントの多様な課題に向き合い続けてきた2人が、PRを取り巻く環境の変化を振り返るとともに、今後10年間に必要とされるであろうPRの戦略やスキルなどについて語ります。

■16:50-17:25 メディアのあり方はどう変わる?
         - 朝日新聞社のデジタル化をけん引する、withnews編集長が見るメディアの未来
【登壇者】
・朝日新聞社 withnews編集長:奥山晶二郎 氏

・ビルコム株式会社 取締役:早川くらら(モデレータ)
新聞という歴史あるメディアを持ちながら、いち早くwithnewsというwebメディアを立ち上げ、さらに様々なwebメディアの創出に挑戦する朝日新聞。その中でも広く知られる「withnews」の編集長が、紙・デジタルの両方を知る立場から、メディア環境の変化や、その中でPR担当者に伝えたいことについて語ります。モデレータはビルコム取締役の早川。広報サイドの立場から、編集長に切り込みます。

■17:25-17:30 クロージング

<日時・場所・参加費>

日時:2019年6月6日(木)16:00~17:30
場所:東京ミッドタウンカンファレンス
参加費:事前申し込み・1000円  当日・1500円
定員:100名


新たな時代を迎える中で、以下のようなことにお悩みの広報・PR担当者の方は、ぜひご参加ください。
・メディアの変化の中で、PR戦略の立案に悩んでいる
・10年後に求められるPRパーソンとしてのキャリア作りに悩んでいる
・働き方改革の中で、本当に広報に求められる業務を見直したい

当日は、セッション後に質疑応答や名刺交換の時間も用意させていただきます。多くの広報パーソンの方々と、これからのPRのあり方を考える時間にできればと考えておりますので、ご参加お待ちしております!

<お問い合わせ先>
ビルコム株式会社 マーケティング・広報Div.担当 和田
TEL:03-5413-2411 FAX:03-5413-2412 MAIL: mktpr@bil.jp

※本セミナーは企業の広報・PR・マーケティング担当者向けとなっております。
※弊社の競合企業の方の参加はお断りさせていただいております。
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#435345 2019-05-17 07:43:58
Thu Jun 6, 2019
4:00 PM - 5:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
東京ミッドタウン カンファレンス
Tickets
前売券 ¥1,000

Combini / ATM payment will be closed at the end of Jun 5, 2019.

Venue Address
東京都港区赤坂9丁目7−1 Japan
Organizer
ビルコム株式会社セミナー事務局
282 Followers
Attendees
35